おそうじ日記

2020.11.20

ハウスクリーニングのフランチャイズ概要|創業120年の事業者が解説

「ハウスクリーニングのフランチャイズで独立するのはどうなの?」
「技術やスキルがなくてもハウスクリーニングのフランチャイズなら独立ができるって聞いたけど、本当?」
「ハウスクリーニングのフランチャイズ本部はどのような基準で選べばいいの?」
 
昨今は、会社勤務での見通しがつきにくかったり、働き方の選択肢が多様化したりしていることから、ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟による独立に興味を持つ方が増えています。
 
一方で、経営経験のない方がフランチャイズを始める場合には、本部の選び方や事業の計画などに関してリスクが生じることも確かです。
 
この記事では、全国に140社以上の提携業者を持つアズマ工業が、ハウスクリーニングのフランチャイズの概要やおすすめの業者の選び方について解説します。
 
 
 
 
 

目次

 
  1-1. 3つのメリット
  1-2. 3つのデメリット
  3-1. 技術面でのサポートや研修が充実しているかどうか?
  3-2 本部の営業力・経営方針はどのような体制か?
  3-3 加盟料・研修費用・ロイヤリティはどのようになっているか?
 
 
 

1、ハウスクリーニングのフランチャイズでの独立のメリット・デメリット

ハウスクリーニングのフランチャイズについて詳しく知るためには、メリット・デメリットを把握することが大切です。
この章では、メリットとデメリットになりうるポイントを3点ずつ紹介しているので、チェックしてください。
 

1-1. 3つのメリット

 
ハウスクリーニングをフランチャイズで営業する際のメリットは、次の3点です。
 
①参入しやすい
ハウスクリーニングに関する民間資格などはありますが、基本的にハウスクリーニング事業は資格がなくても事業をスタートできます。
また、特別な経験も特に必要ありません。
 
参入しやすいという点は、フランチャイズでの独立方法として、ハウスクリーニングが注目されやすい理由でもあります。
 
 
②本部の独立支援を受けることができる
フランチャイズ本部の独立支援サポートを受けて、開業することができます。
特別なスキルや経験が不要であるからこそ、営業や技術に関して、他社やセルフでの掃除との差別化をはっきりさせる必要があるため、本部の独立支援は非常に重要なポイントです。
 
③本部の看板を利用できる
フランチャイズに加盟した場合には、本部の看板を利用できます。
 
 

1-2. 3つのデメリット

 
デメリットとなりうるポイントについても3点紹介します。
 
①費用がかかる
ロイヤリティなどの費用がかかるため、しっかりと採算をとれるか否かの確認が必要です。
 
②清掃用品などについて制限がかかる場合がある
フランチャイズ加盟の場合には、基本的に本部から指定された清掃用品を使用することになります。
自社製品を使用していて、開発力が高い場合や、評判の良い製品を使用している場合などは特にデメリットにはなりませんが、他により良い清掃用品がある場合には使用したくても使用できない場合があります。
 
③加盟店のブランドイメージの影響を受ける場合がある
加盟店本部や、他のFC店が何かニュースになるような事件を起こしてしまった際に、影響を受けて売り上げが下がったり、悪い印象を持たれてしまったりすることがあります。
 
 
 

2、ハウスクリーニングのフランチャイズと個人独立との違い

「独立」を強く意識している方にとっては、「フランチャイズ」が良いのかどうかという点を気にしている方も多いのではないかと思います。
 
そこで、ハウスクリーニングをフランチャイズの独立支援を受けるケースと、個人で独立する場合との違いについて、解説します。
 
ハウスクリーニングのフランチャイズのメリットとなる部分でもありますが、ポイントは次の2点です。
 
 
 
①フランチャイズでの独立では、技術面や営業面でのサポートを受けられるが、個人での独立の場合は自分で全ておこなわなくてはならない
やりたいように営業ができるという点では、十分に技術や知識を持っている方の場合、自分のやりたいように営業できるというメリットになる可能性もある
 
②個人での独立の場合には、売上がそのまま利益になるが、フランチャイズの場合にはロイヤリティが発生する
→ただし、個人で独立する場合にも広告費などの費用が発生することから、一概に費用を抑えられるから良いとは言えません。
 
 

3、ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟本部の選び方

ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟本部をどのように選ぶべきでしょうか?
この章では、3つのポイントを紹介します。
 

3-1. 技術面でのサポートや研修が充実しているかどうか?

 
最初のポイントは、技術面でのサポートがどの程度充実しているか?という点です。
 
というのも、ハウスクリーニングは「プロ」としての清掃の質が求められており、依頼した人が「自分で掃除をした場合とあまり大きな違いがない」と判断した場合には二度目・三度目の依頼が入りません。
 
結果的に、リピート顧客が増えなければ、地域で収益を上げ続けることが困難になってしまいます。
 
フランチャイズに加盟するからには、単に看板を借りるだけではなくしっかりとした技術を身につけられる、フランチャイズ本部と契約することが大切です。
 

3-2 本部の営業力・経営方針はどのような体制か?

 
ハウスクリーニングで収益を上げ続けるためには、本部による営業面でのサポートも不可欠です。
 
加盟金やロイヤリティを支払うことで簡単に加盟することができるFC本部であっても、本部の営業力が弱かったり、広告・宣伝に対してあまり前向きでなかったりする本部の場合、結果的に営業努力の大半を加盟店側で行わなくてはならなくなり、フランチャイズとして加盟するメリットが薄れてしまいます。
 

3-3 加盟料・研修費用・ロイヤリティはどのようになっているか?

 
ハウスクリーニングのFC業者によって加盟料・研修費用・ロイヤリティは大きく異なります。
 
費用対効果をきちんと見極めるためには、ハウスクリーニングに加盟したり研修を受けたりするためにどの程度の費用がかかり、どれだけのメリットがあるのかを冷静に判断する必要があります。
 
少ない費用で充実した研修やサポートが受けられるフランチャイズ本部が理想的です。
 
 

4、まとめ

この記事は、静岡県浜松市に本社を構え、清掃関連の事業に120年携わっているアズマ工業が、ハウスクリーニングのフランチャイズ事業について解説しました。
 
ハウスクリーニングのフランチャイズは参入障壁が少ないことから、近年特に注目されている業態の一つです。
とはいえ、特別な資格や技術が不要である分、しっかりとした「プロ」としての技術力や他社に負けない営業力が必要になります。
そのために、フランチャイズ本部の見極め・選び方が非常に重要になります。
 
当社アズマ工業は、2000年代からハウスクリーニング事業を展開し、今では140以上の協力業者にて年間20,000件のハウスクリーニング実績があります。
 
・業界トップレベルの手厚い研修(他社にプログラムとして提供する質の高い研修を最低20日間実施)
・本部運営のための必要最小限としての安価なロイヤリティ
・徹底した本部のサポート
 
以上の特徴により、加盟店様とアズマ工業本部との間に理想的なWIN-WINの関係を築いています。
ハウスクリーニングに興味のある方は、ぜひ以下のページから詳細をご確認ください。
 
 
 

アズマのホームクリーニング:「ホームクリーニング」の詳しくはこちら

 
おそうじ日記TOPへ 
PAGE TOPPAGE TOP