おそうじ日記

2020.11.16

ハウスクリーニングは値段の安い業者でも大丈夫?格安・激安の注意点紹介

「ハウスクリーニングを専門業者に依頼するときに、値段を安く抑える方法はあるの?」
「料金の安いハウスクリーニング専門業者でも、品質には影響ないの?」
 
お客様にお話しを伺うと、大半の方が気にしているのが料金と品質のことです。
 
ハウスクリーニングの費用を安く抑えたいという気持ちと、依頼をする以上はしっかりときれいにしてほしいという気持ちがあり、どの価格帯の業者に依頼するのが良いのかが分からないということです。
 
そこで、この記事では、ハウスクリーニングの専門業者での値段がだいたいどの程度なのかを踏まえたうえで、料金を安く抑えるためのポイントや、激安業者に依頼するための見極め方などについて解説します。
 
 
 
 
 

目次

 
  2-1. 激安業者に依頼する際に注意すべきポイント!
  2-2. 料金の根拠が重要
  2-3. ハウスクリーニングの費用を安く抑える3つのコツ
 
 
 

1、ハウスクリーニングの値段はどのくらい?

【ハウスクリーニングの値段の相場】

清掃箇所

値段の相場

キッチン

12,000~20,000円

換気扇・レンジフード

12,000~20,000円

浴室

12,000~20,000円

トイレ

8,000~12,000円

洗面台

8,000~12,000円

窓・サッシ

1,000~2,000円/窓ガラス1枚(1㎡あたり)

床クリーニング

10,000~15,000円(6畳1部屋の場合)

ハウスクリーニングの値段の相場は、およそ上記の通りです。

 
全国展開している業者から個人業者までマチマチではありますが、上記の相場を基本としてオプションが設定されていたり、それぞれ独自のサービスを提供されていたりするケースが大半です。
 
また、これらの場所別のハウスクリーニングの他に定期のハウスクリーニングのメニューを設けている業者も多数あります。
 
定期の料金については、時間あたりの単価が設定されていることが多く、一般的に1人6,000~10,000円程度の値段が設定されています。
 
また、これらの費用はあくまで基本料金なので、ワックスがけなどの特殊な内容の清掃については別途追加料金が発生します。
 
 

2、激安ハウスクリーニング業者に依頼をしても大丈夫?

上の値段の相場を見ても分かると思いますが、ハウスクリーニングの値段は業者によって異なります。
値段が高く設定されている業者と反対に料金の安い業者とでは一体どのような点が異なるのでしょうか?
 
結論からいえば、激安業者だから必ずしも質が悪いということも、料金が高いから絶対に品質が高いとも言い切れません。
しかし、激安の料金体系の業者は、品質面が落ちてしまうこともあるので、やはり注文をする際には注意が必要です。
 
どのような点に注意をすればよいのか、早速チェックしていきましょう。
 

2-1. 激安業者に依頼する際に注意すべきポイント!

 
ハウスクリーニングの激安業者に依頼する際には、なぜ値段が安いのかについて考えることが大切です。
ホームページなどで「なぜ安くハウスクリーニングを提供できるのか?」という点を詳しく案内している業者であれば、他店と比べて明らかに安すぎる場合を除いて、安心できる業者かもしれません。
 
このとき、チェックすべきポイントは2点です。
 
●時間をかけてしっかりと作業をおこなってくれるかどうか?
ハウスクリーニングの料金について、かかる費用の大半は人件費です。
従って、通常考えれば料金が安くなるということはハウスクリーニング作業にかけられる時間が短くなってしまいます。
 
短い時間の中でもしっかりと汚れが落とせるのであれば問題ありませんが、ハウスクリーニングは熟練したスタッフが作業をしても一定の時間はかかるものです。
従って、値段が安い分そのまま作業時間が短いだけの場合には、汚れがきちんと落とせていない可能性があります。
 
また、一見安く見えても、通常は標準メニューに含まれる箇所の清掃が別料金設定になっているなどの可能性もあります。
 
●作業スタッフのレベルが高いかどうか?
しっかりと時間をかけて作業したとしても、作業スタッフのレベルが高くなければきれいに清掃することはできません。
そして、全国展開している業者の場合、作業スタッフの技術レベルを高められるかどうかは、質の良い研修を十分にできるかどうかにかかっています。
 
質の高い研修をおこない、技術のレベルをしっかりとチェックするためには相応の費用が掛かってしまうものなので、レベルの高いスタッフをそろえるためには費用がかかるということです。
 
個人運営のハウスクリーニング業者の場合には、運よくスタッフさんの技術が高いこともありますが、客観的にチェックをする方法がないため依頼をしてみないと分からないということになります。
 

2-2. 料金の根拠が重要

 
上述の通り、ハウスクリーニングの料金には根拠が大切です。
 
料金が安くてもしっかりとした技術力でていねいに作業をおこなっている業者であれば安心ですし、反対に費用が高くても品質が伴っていなければ満足度は下がります。
 
一般的には、全国展開をしている清掃業者の場合は、品質を保つために研修が必要であることや広告費がかかることなどを踏まえると、品質を確保するためには、相場の中間からやや高めの価格帯の業者の方が安心して依頼をしていただけます。
 
個人で営業している業者の場合には、全国展開をしている業者などと比較をして広告費や運営費は抑えられます。
その一方で、どのようにハウスクリーニングの技術力を高めているのかが大きなポイントになります。
 

2-3. ハウスクリーニングの費用を安く抑える3つのコツ

 
技術力のあるハウスクリーニング業者に依頼をするためには、価格だけをチェックするのではなくコストパフォーマンスをチェックすることが大切です。
 
とはいえ、やはり値段も抑えたい・・・
 
そのような時には次の3点を意識すると、値段を抑えられるかもしれません。
 
①複数個所を同時に依頼する
水回りやキッチンと換気扇など、複数個所の清掃を同時に依頼することで、セット価格でハウストレーニングを受けられる場合があります。
 
②定期清掃を利用する
定期清掃を利用することで、汚れが頑固になる前にきれいにすることができます。
また、自分自身では気が付きにくいポイントを先に業者から指摘してもらえたりすることもあります。
 
③コスパの高い業者を選ぶ
決まった料金でしっかりと汚れを落としてくれる業者を選ぶことで、次回以降のクリーニングの頻度や家の快適性が大きく変わります。
長い目で見れば、技術のしっかりと伴った業者でハウスクリーニングをすることにより料金を抑えることができます。
 
なお、静岡県浜松市に本社を構えるアズマ工業は「すべてはお客様のために」を合言葉に、ホームクリーニング事業を展開しています。
 
清掃関連に携わって120年以上の実績のあるアズマ工業は、他の業者にプログラムとして提供するほど業界内で高く評価されている研修を実施しています。
質の高い研修プログラムを自社スタッフやFC加盟スタッフに対しては20日間以上実施することで、お客様から安心して依頼をしていただける高い技術力を身につけています(協力業者に対しては、研修プログラムを実施した後に、本部によるテストを実施しています)。
 
 
 
アズマのホームクリーニング:「ホームクリーニング」の詳しくはこちら
 
 
 

3、まとめ

ハウスクリーニングの値段は、業者によって異なります。
 
その中で、作業の質と料金面での満足を両立させるためには、コスパの良い業者に作業を依頼することが大切です。
 
ハウスクリーニングの料金としては、ていねいに必要箇所を全て作業するために「人件費」として必要な分と、スタッフの質を保つための研修費用として必要な分とがあります。
 
単純に料金を比較するだけでは希望の業者を探すことが難しいので、ハウスクリーニング業者の姿勢や取り組み方などをチェックして理想の業者を選びましょう。
 
静岡県浜松市に本社を構えるアズマ工業は、「すべてはお客様のために」を合言葉に、作業・研修の質を重視してハウスクリーニング事業に取り組んでいます。
安くハウスクリーニングをしたい方にこそ、長期的な視点でアズマ工業のホームクリーニングの技術力を評価していだけると幸いです。
 
 
 
 
アズマのホームクリーニング:「ホームクリーニング」の詳しくはこちら
 
おそうじ日記TOPへ 
PAGE TOPPAGE TOP