おそうじ日記

2020.07.13

エアコン内部の分解クリーニング方法とは!業者への依頼方法をプロの目で解説

ご家庭のエアコンを長くきれいに使用し続けるためには、1年に1度程度のエアコン内部クリーニングがおすすめです。

「内部クリーニングって何?」

「フィルター洗浄だけじゃダメなの?」

などの疑問をお持ちの方もいるのではないかと思います。

そこで、この記事ではエアコンの内部クリーニングの大切さについて、エアコンクリーニングのプロの視点で案内します。

※この記事は、静岡県浜松市に本社を構え、ホームクリーニング事業を全国展開しているアズマ工業スタッフが、プロの見地から執筆しています。

 

 

 

目次

 2-1. プロが行うエアコン内部の分解クリーニングの手順

 2-2. セルフでエアコン内部洗浄をするときに注意すべき3つのこと

 

 

1、エアコン内部にはカビが発生してしまう!

エアコンは、機器本体内部やフィルター、送風口などにカビが発生しやすい家電製品です。

その理由は、カビが発生しやすい3つの条件をエアコンは満たしてしまいやすいためです。

 

カビが発生・繁殖しやすい3つの条件

 

そして、エアコン本体にカビが繁殖すると、エアコンの風とともにカビが室内に充満してしまい、イヤな臭いが広がってしまいます。

最悪の場合、健康被害を生じさせてしまうこともあります。

従って、エアコンをきれいに安全に使用するためには、定期的にクリーニングすることが大切です。

 

エアコンに必要なお掃除は、次の2つです。

 

フィルターと機器内部の部品一つひとつをきれいにすることで、エアコンに発生するカビの大半をきれいにすることができます。

エアコンのカビ発生の原因や対策について詳しく知りたい方は「エアコンのカビ発生の原因と対策!フィルターだけではなく内部の清掃も重要」の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

 

2、エアコン内部の分解クリーニングの手順

「エアコンの内部をきれいにしなくてはならないことはわかるけど、実際どんなことをするの?」という疑問をお持ちの方もいると思います。

 

そこで、この章ではエアコン内部クリーニングの手順について解説します。

手順についてイメージをしていただくと同時に、ご自身でクリーニングをする際の参考にもしていただけます。

 

2-1. プロが行うエアコン内部の分解クリーニングの手順

プロが行うエアコンの内部クリーニングの手順として、当社アズマ工業のエアコンクリーニングの手順について紹介します。

当社アズマ工業は、創業120年のホームクリーニング事業者として、国内唯一の他のホームクリーニング事業者の研修・教育を実施しているなど、業界最高水準の技術力を持った業者です。

 

とはいえ、エアコンの内部洗浄の手順はとてもシンプルです。

①エアコンを分解します(表面パネルの取り外しなど)

②養生(エアコンクリーニングの際に、機器本体や家具・家財などにほこりやゴミが舞ってしまわないように、ビニールなどでカバー掛けをします)

③洗浄剤を使用し、エアコン本体内部をしっかりと洗浄します

④フィルターを清掃し、元通りにエアコンを組み立てます

このようにして、1台あたり1~2時間程度で行います(お掃除機能付きエアコンの場合、2~3時間程度)。

 

以上の工程を約1分間の動画にまとめました。

ほんの1分間の動画ですが、プロである当社のエアコンクリーニングがどのようなものなのか理解するには最適です。

 

エアコンクリーニングの動画はこちら

 

 

また、作業場所にもよりますが、当社の場合はエアコン機器本体を取り外しすることなく作業をすることができます。

(エアコンパネルを分解し、設置された状態でカバーをかけ、内部の洗浄を行います。分解したパネルやフィルターなどは、屋外や浴室の洗い場で洗浄します。)

 

 

非常にシンプルな工程であるため、素人でも簡単にできる工事のように思えるかもしれません。

しかし、実際これが結構大変な作業で、実はクリーニング業者でも手を焼く作業です。

 

エアコン内部のクリーニングが難しいポイント

 

2-2. セルフでエアコン内部洗浄をするときに注意すべき3つのこと

上述の理由から、セルフでのエアコン内部の洗浄はできる範囲でしていただいた方が無難です。

例えば、手の届く範囲でエアコン機器を乾拭きしたり、ほこりやゴミを掃除機で吸い取ったりする程度です。

しかし、中にはご自身でしっかり洗浄しようと決意している方もいらっしゃると思います。

 

具体的な洗浄方法は、メーカーや機種によって異なりますが、どの機種のエアコンを清掃する際にも共通して注意をしたいことは以下の3点です。

①事故やトラブルの恐れがあるため、むやみにスプレーや薬品を使用しないこと

→不適切な箇所に薬品を使用すると、有害な物質が室内に充満してしまったり、エアコンの故障の原因になったりすることがあります。

 

②アレルギーやシックハウス症候群の方は作業をしないこと

→エアコン洗浄時には、小さなほこりやゴミ、カビなどが舞ってしまうため、アレルギーや喘息持ちの方は作業を控えましょう。

症状が悪化してしまったり、咳が止まらなくなってしまったりすることがあります。

 

③セルフでの洗浄にはどうしても限界が生じること

→プロの洗浄とお客様自身の洗浄とは、お掃除の技術や使用する薬品の力に差があるため、どうしてもプロのように完璧に仕上げることは困難です。

 

 

3、まとめ

エアコンを完全にきれいにするには、エアコンの内部まできれいに洗浄する必要があります。

エアコン内部にもカビやほこりなどがたまってしまうためです。

 

ただし、エアコン内部の清掃は部品の分解を伴うため、作業自体が非常に大変です。

さらに、作業の仕方によっては、出火などの事故や健康被害を生じさせてしまう危険性もあります。

 

そのため、当社アズマ工業では、プロによる洗浄をお勧めしています。

 

当社アズマ工業は静岡県浜松市に本社を構える創業120年の企業です。

「すべてはお客様のために」を合言葉として掲げる当社が何よりも大切にしているのは、お客様の安心感と楽しさです。

高い技術力と親しみのあるコミュニケーションで、お客様一人ひとりのキレイをサポートし続けています。

 

 

当社アズマ工業の3つの特徴

 

1台あたりの値段と所要時間は以下の通りです。

・通常エアコン(自動お掃除機能なし):12,000円~/1~2時間

・自動お掃除機能付き:20,000円~/2~3時間

 

エアコンクリーニングの詳細はこちら

 

 

 
おそうじ日記TOPへ 
PAGE TOPPAGE TOP