おそうじ日記

2020.06.11

エアコンの臭い対策はどうすべき?健康ケアや事故リスクも解説

「エアコンから生乾き雑巾のような酸っぱい臭いがする」

 

エアコンを長く使用しているうちに臭いが気になってしまうことがあります。

特にエアコン起動時には臭いが強く感じられるものです。

 

臭いが気になってしまうと、せっかくの快適な温度も台無し・・・

しかも、臭いを放置しておくと健康被害の可能性もあり、対策は早めに行っておきたいところです。

 

この記事では、エアコンの臭いが気になる方に、セルフでの対策とおすすめのエアコンクリーニングについて解説します。

 

 

目次

 

 

1、エアコンの臭いの原因とは?

エアコンの不快な臭いの対策をするためには、まず原因を知る必要があります。
エアコンの臭いの原因から対策を考えていきましょう。

 

1-1. エアコンの臭いの正体はカビ

答えを先に発表すると、あの酸っぱい臭いの正体はエアコン内部に発生したカビです。
エアコン内部にたまった水分にカビやバクテリアが発生・繁殖し、風に混ざって室内に充満してしまうという仕組みです。
最近のエアコンは、電源を切ってもすぐにストップせずに一定時間送風を続ける機種が大半ですが、それはエアコン内部にたまった水分を除去するための運転です。

参考:公益社団法人におい・かおり環境協会「住まいの中の困ったにおい!その正体と解決方法」はこちら

 

1-2. エアコンの臭いの3つの原因

エアコン内部のカビ発生の原因は3つあります。

①湿度(水分) カビ発生のためには水分が不可欠です。エアコンは、室内を冷やしたり温めたりするために、内部に水分が残ってしまいます。
②温度 カビが繁殖しやすい温度は20~30℃程度です。
③栄養分 ほこりやゴミなど。ご家庭の場合、室内のほこりやチリ・たばこの煙などが、カビの栄養になります。

気温が高くなる夏場は、上記の条件がそろうため、臭いが発生しやすくなってしまいます。

特に、臭いが発生しやすくなってしまうのは、次の状況の時です。

そして、臭いの発生原因はカビなので、エアコンの風と一緒に吸い込んでしまうと健康被害を引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

2、エアコンの臭いのセルフ対処法

ご家庭ですぐにできる臭いの対処方法を2つ紹介します。

ただし、あくまでも応急処置的な対応となるため、ここで紹介する方法は根本的な解決にはならない可能性があることをご了承ください。

 

2-1. エアコン使用時に5~10分程度換気をしてから使用する

エアコンから放出されるカビの量が多いのは、スイッチを入れた後5~10分間です。

大阪市立大学環境科学研究所の濱田信夫氏と藤田忠雄氏の両氏がまとめた資料「カビ汚染とエアコン」によれば、起動時5~10分間程、換気をすることで人が吸い込むカビの量を劇的に減らせる、ということです。

 

2-2. フィルター清掃をする

エアコンのフィルター清掃は、少なくとも2週間に1度程度のフィルター清掃がおすすめです。

なぜなら、清掃をしなければフィルターがほこりやゴミなどで目詰まりを起こしてしまい、冷暖房効果が弱くなったり、電気代が5%~10%ほど高くついてしまう可能性があるためです。

参考サイト:一般社団法人 日本冷凍空調工業会|関連製品|家庭用エアコン

フィルターはゴミやほこりがたまる場所なので、フィルターが汚れてしまうと臭いの発生原因になるためです。

従って、定期的にきちんとフィルター清掃をすれば臭いが発生しにくくなり、発生してしまった臭いも軽減される可能性があります。

とはいっても、フィルター清掃を定期的にするのは意外と大変なものです。

また、臭いの発生個所はフィルターとは限らないので、あくまでもご家庭ですぐに取り掛かれる対処法の一つ、としてお考え下さい。

 

3、根本的な対策にはエアコンクリーニング!
(DIYには危険も伴う)

根本的な対策をするためには、エアコンクリーニング(エアコン清掃)が不可欠です。

エアコン内部には、カビの発生原因となる箇所がいくつかあるので、根本的に臭いを除去するには内部を分解してきれいに水分やゴミを除去する必要があるためです。

エアコンクリーニングをするには、自分自身でする(DIY)かホームクリーニング業者のプロに依頼するかのどちらかです。

ただし、エアコンのクリーニングには危険が伴います。

業者に依頼した場合であっても事故が生じており、セルフで行う場合にはなおさら事故のリスクが高まります。

業者での事故発生件数を表すデータとして、消費者庁の「事故情報データバンク」があります。

事故情報データバンクは、身体や生命に関する事故の情報がデータとして公開されているものであり、エアコンクリーニング関連の事故情報は平成21年以降に61件公開されています。

※ただし、61件全てがクリーニングに関する事故とは限りません。

 


主な事故の内容

参考サイト:「事故情報データバンク」より


プロが実施しても事故が生じる危険性があるエアコン洗浄をセルフで行うということは、想像しただけでもリスクが高いことがわかると思います。

一般社団法人日本エアコンクリーニング協会のホームページによると、エアコン掃除スプレーの間違った使用法が、火災などの事故につながるリスクが指摘されています。

参考サイト:一般社団法人日本エアコンクリーニング協会「エアコン掃除スプレーの危険性、ご存じですか?」はこちら

 

4、エアコンクリーニングはアズマの「エアコンクリーニング」がおすすめ

セルフで掃除をするのがすごく危険でプロの業者に依頼しても事故のリスクがある・・・

「ではエアコンの臭いが気になるときに一体どうしたらいいの?」

と、八方ふさがりになってしまいますよね?

解決策として提案できることとしては、信頼のできるプロの専門業者に依頼することです。

エアコンクリーニングの業者にも様々な業者があるので、しっかりとした専門知識があって確かな手順で作業を進めてくれる業者であれば、安心して工事を依頼することができます。

「すべてはお客様のために」を合言葉として掲げる当社が何よりも大切にしているのは、お客様の安心感と楽しさです。

高い技術力と親しみのあるコミュニケーションで、お客様一人ひとりのキレイをサポートし続けています。

 

アズマのエアコンクリーニングの特徴

 

自社で清掃に関する薬品を製造しており、スタッフは常に最高レベルの知識を備えているため、事故の心配が不要であることはもちろん、見違えるほど汚れや臭いを落とすことができます。

 

アズマのエアコンクリーニングサービス」は1台12,000円~

ぜひ、気軽にお見積もりからご依頼ください。

 

アズマのエアコンクリーニングの技術をほんの少しだけ動画でも公開しています。

ご依頼前に不安な方は、ぜひチェックしてください。

 

アズマのエアコンクリーニングサービスを動画で紹介

 

5、まとめ

暑いときに限って、エアコンの臭いが気になってしまうもの。

高齢の方や小さなお子様のいるご家庭、コロナウイルスなどの細菌が気になる方は、不快な臭いと合わせて健康面の不安も感じてしまうものですよね?

臭いの原因の大半はカビなので、清掃や温度管理などで臭いを防ぐことができます。

ただし、エアコン洗浄は信頼のできる業者に依頼することが何より大事です。

というのも、洗浄の際の洗剤が別の健康被害を引き起こしてしまったり、火災などの事故を招いたりしてしまう危険性があるからです。

 

安全かつ高品質なエアコンクリーニングを依頼したい方は、ぜひ安心感・信頼感を目指して接客している、「アズマのエアコンクリーニングサービス」をご利用ください。

 

エアコンクリーニングを詳しく見る!

 

 
おそうじ日記TOPへ 
PAGE TOPPAGE TOP