アズマのホームクリーニング プレゼントキャンペーン
おそうじ日記

2021.08.04

夏におすすめのお掃除

新型コロナウイルス感染症が収まることなく夏になりました。
いつもの夏休みならば、旅行や帰省に過ごす期間も、おうちで過ごすことになる人も多いのではないでしょうか。

そこで、夏におすすめのお掃除をご紹介します。

日本の風習から、「大掃除は12月」というイメージがあるため、どうしても普段やらないお掃除はこの時期のものと決めつけがちですが、実は、夏に行うのが効率的なお掃除があります。そのひとつが、「油汚れ」の掃除。

気温が下がる冬では、油が固まってしまうのでその汚れも落としにくくなりますが、夏の暑さを上手に利用すれば、今までとは違う油汚れ掃除ができることでしょう。

その一例をご案内します。

換気扇やレンジ周りの油汚れは、洗剤を付けおきして油汚れを浮かして取るといった方法を使うことがあります。これを冬の寒い時に行うと、なかなか冷たい水では油も浮かず、わざわざお湯につけおくことになったりもしたことでしょう。
ところが、夏であれば、ジリジリと暑い太陽の日差しを利用して炎天下にしばらくほったらかしておけば、その暑さで油が浮いてきます。

もうすでに「あ、なるほど」と思った人も多いのではないでしょうか。
着眼点は、寒いと固まってしまう汚れ、寒いと億劫になってしまう掃除、そんなことを夏にやっておくという発想です。

寒いと億劫になってしまう掃除の例としては、水を使った外の掃除があるでしょう。

例えば、窓洗いや外壁掃除は、冬では寒くて冷たい水に触りたくなくなりますが、夏ならちょっとした水遊び、納涼気分で掃除も進められます。お子さんがいらっしゃるご家庭であれば、一緒にできるちょっとした夏休みイベントにすれば、楽しみながら家族で過ごせるひと時になるでしょう。

それぞれのご家庭によって、「冬よりも夏向きだ」と思えるお掃除が他にもあるかもしれません。

おうち時間が長いコロナ禍の夏を多少でも有効に利用できるといいですね。

 
おそうじ日記TOPへ 
PAGE TOPPAGE TOP