おそうじ日記

2021.01.29

ハウスクリーニングでの開業を希望される方必見!独立・FCの概要

「ハウスクリーニングを開業するのは、誰にでもできるの?」
「ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟したら、収入はどのくらいになる?」
「ハウスクリーニングを開業したいけど、失敗したらどうしよう・・・。」
 
コロナ禍により企業の見通しが立たない時代背景や、ハウスクリーニング業界が伸びている状況も踏まえ、ハウスクリーニングの独立開業に興味を持つ方が増えています。
 
この記事では、静岡県浜松市に本社を構え、140以上もの協力業者とハウスクリーニング事業を展開しているアズマ工業が、ハウスクリーニング開業の全容について解説していきます。
 
ハウスクリーニングは高い技術力が要求される業種ですが、それを身に付けることで他社との差別化をはかり、利用者から支持される業者になることが可能です。
 
 
 

目次

 
 
 

1、ハウスクリーニング開業の基本知識

ハウスクリーニングの開業を考える際、業界に関して把握しておきたい知識があります。
この章では、最低限押さえておくべき知識について解説します。
 
 

1-1. 業界に関する基礎知識

 
ハウスクリーニング業界は、市場規模が拡大している業界です。
2018年に調査企業である富士経済ネットワークスが公表したデータによると、ハウスクリーニング業界の2018年度の市場規模は、前年比12.3%増の1,820億円です。
 
近年では、例年10%程度の成長率を継続しており、2020年度には市場規模2,000億円を超えることが予測されています。
 
市場が拡大している理由として考えられるのは、次の3点です。
 
・大手事業者のフランチャイズ展開と個人開業の増加
・衛生意識の高まり
・顧客の増加(日常なおそうじが体力的に負担となるシニア層や、手間をかけられない共働き世帯の増加)
 
市場規模の拡大に伴い、ハウスクリーニング業者も増加している状況です。
 
 

1-2. 一人でも運営できる?

 
ハウスクリーニングの事業者が増えている背景として、1人あるいは夫婦2人のみでも運営可能な点が挙げられます。
ご家庭のハウスクリーニング作業は、集客や顧客対応さえスムーズにできれば、大半は1人で完結できます
 
ただし、一人で開業する際には、以下の点に注意しなくてはなりません。
 
・集客や顧客からの問い合わせなど、関連業務についても一人で対応する
・予約の時間が重複した場合、販売期間のロスに繋がる
・体調不良などの際も休めない
 
人材を雇用せず少額の資金でスタートでき、研修などの手間がかからないメリットがありますが、一人開業ならではの大変さもあります。
現実的には、夫婦で分業し開業する方も多いです。
いずれにせよ、コンパクトにスタートできることは、ハウスクリーニング事業の大きな魅力です。
 
 

1-3. 未経験でも対応できる?

 
ハウスクリーニング事業は、未経験でもスタートできます。
むしろ、ハウスクリーニング事業を始める方の大半は、未経験者です。
 
ただし注意しておきたいのは、未経験からスタートできる=簡単な仕事、ではないことです。
 
利用者の多くは、プロの技術力を期待してハウスクリーニングを依頼するため、当然それが必要となります。
ハウスクリーニング業者としてスタートし、プロの業者が使用する道具を用いたとしても、技術が低ければ、お客様の満足を得ることはできません。
 
研修などを通じて、確かな技術力を身に付ける必要があります。
 
 

1-4. 必要な道具・資金

 
一般的に、ハウスクリーニング業者としてフランチャイズ開業する場合、本部から清掃道具一式を購入します。
 
契約時にユニフォームや洗剤など一式を購入し、その後洗剤などの消耗品を、必要に応じて追加発注する形が多いです。
フランチャイズ契約では、契約上、市販の洗剤や清掃用具は使用不可とされるケースも少なくありません。
 
清掃道具の購入費用は、フランチャイズ本部によって異なります。
 
道具については、「ハウスクリーニング業者の道具リスト一覧|選び方と使い方 」にて詳しく解説していますので、興味のある方はぜひご覧ください。
 
また、ハウスクリーニング開業には、資金が必要です。
ハウスクリーニング事業は、比較的低資金でのスタートが可能といわれており、費用項目は以下の通りです。
 
・開業資金(フランチャイズ加盟料・ロイヤリティ・その他初期諸経費)
初期費用は、一般的には300万円程度かかりますが、フランチャイズ本部により大きく異なります。
 
・事務所
ハウスクリーニング業者の事務所は、清掃用具の保管スペースがあれば足りるため、自宅にもできます。
ただし、事務作業や顧客対応のため、PC・電話・FAXなど設備を揃える必要があります。
 
・車両・ガソリン代
お客様宅に訪問するため車両が必要ですが、自家用車がある場合、ハウスクリーニング用として利用できます。
移動が多くなるため、ガソリン代についてもあらかじめ想定しておく必要があります。
 
・掃除道具・消耗品
必要に応じて、掃除道具や消耗品の購入が必要です。
 
・広告費
集客のためには、広告費用が必須です。
インターネット広告・折込チラシ・SNSなど、効率的に予算を用いることが重要です。
 
 

1-5. 集客はどうやってするの?

 
ハウスクリーニング業の成功を大きく左右するのは、集客ができるかどうかです。
ハウスクリーニングのフランチャイズにて開業する場合には、大きく3つの集客ルートがあります。
 
・本部からの紹介・送客
フランチャイズ本部に入ったオーダーが、最寄りの業者に紹介・送客されるパターンです。
特に、ブランド力の強い清掃業者の場合、本部からの紹介の割合が高くなります。
 
ただし、本部紹介案件は場合により、紹介手数料が発生することもあります。
いずれにせよ、フランチャイズ加盟する場合、本部からの紹介のみで運営することは不可欠です。
 
・本部による広告・メディア戦略
ハウスクリーニング業者本部によるインターネット広告やテレビ・雑誌などへの露出により、ブランド力の向上や集客力のアップが期待できます。
 
 
・独自の集客対策
本部のブランディングや広告展開だけでは、集客に限界があります。
広告展開などと併せて、リピーター獲得につなげるため、利用者それぞれの満足度を高めることも重要です。
 
 
 

2、ハウスクリーニングフランチャイズの収入は?

ハウスクリーニング業界の平均年収は約500万円だといわれており、実際のところハウスクリーニングのフランチャイズの収入は、集客の成否によって大きな開きがあります。
一方で1,000万円以上の収益をあげる店舗もあれば、反対にハウスクリーニング事業の継続が困難になる店舗もあります。
 
従って、どのデータを参照するかによって、収入の見込み額は大きく異なります。
 
1件当たりの単価から逆算し、収入の目安を図る方法もあります。
 
ハウスクリーニングにおける1件あたりの平均受注額が約2.5万円であるため、例えば月に30件の受注があれば、月収約75万円になります。
ハウスクリーニング業者の利益率は60~70%になるため、手元に45万円以上残ることになります。
 
結論として平均年収は、本部の運営方針や営業努力などにより大きな違いが生じるため、フランチャイズ本部の資料を調べ、失敗しないためのシミュレーションを綿密におこなう必要があります。
 
 
 

3、ハウスクリーニングで失敗しないポイント・対策

残念ながら、ハウスクリーニングでフランチャイズや個人での独立をしても、失敗する場合もあります。
この章では、ハウスクリーニングで失敗しないためのポイント・対策について解説します。
 
 

3-1. 高い技術力を身に付ける

 
ハウスクリーニング事業を営むための最も基本的な部分は、専門業者ならではの高い技術力を身に付けることです。
 
その高い技術力を発揮するため、使用する洗剤や掃除用具の選び方・おそうじの力加減など、気を遣うべきポイントが多々あります。
 
逆にいえば、高い技術を学べる研修制度の整ったホームクリーニング業者に、お掃除を依頼する必要があります。
 
 

3-2. 集客力をつける

 
ハウスクリーニング業者を続けていくためには、継続して集客することが重要です。
集客の手法は様々ですが、新規とリピートのどちらの顧客も意識しなくてはなりません。
 
新規顧客の獲得においては、本部の集客活動・ブランド力・自店の広告展開などの対策により、左右されます。
またハウスクリーニング業界では、リピート顧客の獲得が難しいとされますが、リピート率を高めるため大切なことは、依頼した際の満足度です。
 
※弊社アズマ工業全体の実績値として、お客様への自社アンケートで「またアズマ工業にハウスクリーニングを依頼したい」と答えたお客様が、91.3%という結果があります。
高い技術力と常に笑顔を心がける安心感のある接客にて、高いリピート率を誇っています。
 
 

3-3. 開業後も本部のサポートを受けられる

 
特に未経験の方が開業する場合、開業後に初めて直面する困難や不明点などがあります。
 
例えば、集客が見込み通りにいかず、技術的にも分からない点が出てくることなどです。
このようなとき、本部のサポート制度が整っているか否かは、とても大きな違いになります。
 
再研修制度・金銭的なサポート制度・相談制度など、実効性のあるサポートが整っているかチェックしましょう。
 
 
 

4、ハウスクリーニングにおけるアズマ工業の支援の特徴

ハウスクリーニング業界での独立を目指す方には、弊社アズマ工業のフランチャイズ開業・独立支援制度がとてもおすすめです。
 
アズマ工業のフランチャイズ開業や独立支援制度を活用していただくための条件は、おそうじ塾に加入して弊社の理念や技術を学んでいただく必要があります。
 
おそうじ塾に加入していただくための条件は理念に共感していただけることです。
技術的な部分は研修にてしっかりとプログラムを組んでいますが、理念の理解は研修だけで共有するのが困難であるという理由からです。
 
この章では、弊社アズマ工業でのおすすめのポイントを、4点ご紹介します。
 
 

4-1. 充実の研修制度

 
アズマ工業のハウスクリーニング最大の特長が、充実した研修制度です。
 

 

フランチャイズコース

独立支援コース

研修期間

20日間(基礎13日・実践7日)

10日間(基礎6日・実践4日)

研修内容

クリーニング技術・接客技術

・ヒューマンスキルなど

クリーニング技術

研修費用・契約料(税抜)

130万円

70万円~

開業までの最短日数

1か月間

研修終了後

 
フランチャイズコースでは、アズマ工業の一員としての技術はもちろん、接客スキルもしっかりと身に付けていただけるコースです。
習得には個人差がありますが、これまでの実績に基づき20日間で、必要な技術・スキルを効率よく身に付けていただけるコースを組んでいます。
 
また、研修費用・契約料の中には、ユニフォームや清掃用品などの費用も含んでいます(フランチャイズコースの場合)。
ハウスクリーニングのフランチャイズを検討している方にとっては初期費用がどれだけかかるのかが分からないことは大きな不安要因ではないかと思いますが、アズマ工業の場合には初期費用が明確になっています。
 
さらに、その初期費用が相場と比較をしてもかなり安く抑えられていいます(初期費用の相場は、200~300万円)。
 
独立コースは、必要な技術を身に付け独立したい方向けのため、受講コースのカスタマイズが可能です。
例えば、エアコンクリーニングのみの研修をおこない、エアコンクリーニング業者として独立を目指すコースなどがあります。
 
業界最高水準の研修(フランチャイズコース20日間~/独立支援コース10日間~)を安く受講できるということで、オーナーの方にとってメリットの大きな内容になっているのではないかと思います。
 
 

4-2. 手厚いフォロー

 
アズマ工業の大きな魅力の一つが、手厚いフォローです。
 
・売上保証制度
初年度1年間は、3か月45万円(最大180万円)の売上保証制度を整えています。
3か月間の売上合計額が保証額を下回った場合、3か月ごとにその差を弊社本部から補う制度です。
アズマ工業では、売上が安定しづらい開業後1年間でも安心して事業に取り組んでいただけるよう、保証制度を設けています。
 
・再研修制度
開業後1年間のサポート期間は、年間4回まで、研修を無料で受けていただける制度を整えています。
サポート期間を過ぎても「おそうじ塾」を卒業された方は、研修を格安で提供しているため、技術に不安を感じた方は安心して知識や技術の再習得を目指していただけます。
 
・クレーム対応のサポート
万が一クレームが発生してしまった際のサポートを、本部にておこなっています。
ご自身での対応が困難な時には対応方法の指導・アドバイスをおこない、さらに状況が困難な時にはお客様へのお詫びに本部スタッフが同行することも可能です。
 
 

4-3. 最小限の費用

 
アズマ工業のフランチャイズロイヤリティは、月額15,000円です。
ハウスクリーニング事業者のロイヤリティ相場は30,000~100,000円程度であり、相場よりもかなりロイヤリティの金額を抑えています。
 
フランチャイズ本部によっては、広告費用などロイヤリティとは別に費用項目が設定されていることもありますが、弊社ではロイヤリティ以外には費用をいただいていません。
 
何よりも、ハウスクリーニング業者としての営業に専念し、契約していただけることを重視しているためです。
特に開業直後は売上が不安定になりやすく、ロイヤリティが事業継続の重い負担になりがちなので、できる限りリスクの少ないことからスタートしましょう。
 
 
 

5、まとめ

ハウスクリーニング事業はとても伸びている業界であり、開業を志す方も非常に増えています。
実際、フランチャイズ・独立開業のいずれにおいても、未経験から一人でも始められることや初期費用を比較的安く抑えられることなどから、スタートしやすい事業です。
 
しかし同時に、ハウスクリーニングは技術力が求められる事業でもあります。
業界の成熟に連れ事業者の数が増えており、顧客の満足を得られなければリピートはないためです。
 
そこで重要になるのが、本部選び(独立の場合には研修業者選び)です。
確かな技術を身に付けることができ、しっかりとサポートする本部のもと開業を目指すことで、スムーズな開業とその後のサポートを十分に受けられます。
 
静岡県浜松市に本社を構える弊社アズマ工業では、創業以来120年間の清掃関連業の経験を活かし、ハウスクリーニング事業の直営・フランチャイズ・独立開業支援をおこなっています。
高い技術力と「すべてはお客様のために」を合言葉とするおもてなし精神で、全国20,000件以上のハウスクリーニング事業を承っています。
 
業界内で最高水準の研修制度を、必要最小限の研修費用とロイヤリティにて運用しておりますので、ハウスクリーニングの開業に興味のある方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 
アズマおそうじ塾:お問い合わせ
 
おそうじ日記TOPへ 
PAGE TOPPAGE TOP